エイドリアンジェラ(Adriángela) – Siempre Hay Algo Que Me Recuerda A Ti / Las Lagrimas De Un Dia (EP) 1965

エイドリアンジェラ(Adriángela) - Siempre Hay Algo Que Me Recuerda A Ti / Las Lagrimas De Un Dia (EP) 1965

『Siempre Hay Algo Que Me Recuerda A Ti / Las Lagrimas De Un Dia (EP)』は、スペインの女性歌手「エイドリアンジェラ(Adriángela)」が1965(昭和40)年、その年の5枚目シングルとしてZafiroレーベルより発表したEPで、バート・バカラック作の“ (There’s) always something there to remind me”をスペイン語でカバーしている。

評価投稿数: 0
0

☞ 聴いた感想・情報を追加する


Submit your review
*必須項目です

エイドリアンジェラ(Adriángela) – Siempre Hay Algo Que Me Recuerda A Ti / Las Lagrimas De Un Dia (EP) 1965の詳細

タイトル Siempre Hay Algo Que Me Recuerda A Ti / Las Lagrimas De Un Dia
歌手名 エイドリアンジェラ(Adriángela)
発売日 1965(昭和40)年
ジャンル ポップス
発売国 スペイン
レーベル Zafiro
フォーマット 7インチシングル・2曲入りEP

エイドリアンジェラ(Adriángela) – Siempre Hay Algo Que Me Recuerda A Ti / Las Lagrimas De Un Dia (EP) 1965 の収録曲

  1. Siempre Hay Algo Que Me Recuerda A Ti 作曲:Burt Bacharach
  2. Las Lagrimas De Un Dia

エイドリアンジェラ(Adriángela) – Siempre Hay Algo Que Me Recuerda A Ti / Las Lagrimas De Un Dia (EP) 1965について

『Siempre Hay Algo Que Me Recuerda A Ti / Las lágrimas de un día(EP)』は、エイドリアンジェラが22歳~23歳のときに、Zefiroレーベルから発売されたシングルで、”Siempre Hay Algo Que Me Recuerda A Ti “は、バート・バカラック(Burt Bacharach)とハル・デヴィッド(Hal David)のコンビでヒットさせた“ (There’s) always something there to remind me”のカバーであり、イギリス人歌手サンディ・ショウ(Sandie Shaw)も、ディオンヌ・ワーウィックのカバーであるこの楽曲で、UKチャートのトップを獲得した。

エイドリアンジェラ(Adriángela)のシングル・レコード(ディスコグラフィ)

エイドリアンジェラ(Adriángela)の来歴(バイオグラフィ)

「エイドリアンジェラ(Adriángela)」は1942(昭和17)年、スペインの都市ヴァレンシア(Valencia)のマリア・ホセ・ギーエン・トレス( María José Guillén Torres)生まれ。

音楽好きの少女で、10代の頃は市の音楽学校へピアノを習いに通っていた。

エイドリアンジェラ(Adriángela)が18歳~19歳の時

1961(昭和36)年、彼女はエイドリアンジェラという名前でマドリッド(Madrid)で歌のコンテストに参加した。彼女の歌はイベロフォン(Iberofón)レーベルのボスの目に止まり、契約のオファーをされた。


エイドリアンジェラ(Adriángela) – Concierto de amor (EP) 1961

“Concierto de amor”はこのレーベルから出されたたった一枚の彼女のEPのリードトラックである。

エイドリアンジェラ(Adriángela)が19歳~20歳の時

1962年
エイドリアンジェラ(Adriángela) – Canta Los Exitos Del 4 Festival Español De La Cancion Benidorm (EP) 1962

一年後、彼女は同時にEMIへも短い期間所属していた。これは“Llevan”リリースのためで、この曲は1962(昭和37)年のベニドルム(Benidorm)のソングフェスティバルで彼女がパフォーマンスしたものだ。

エイドリアンジェラ(Adriángela)が22歳~23歳の時

Zafiroレコード会社へ所属した時、失敗からのスタートとはなってしまったが、彼女は真に自信を持てるようになった。

1965(昭和40)年のユーロビジョン・ソング・コンテストで“Cantares”でスペイン代表になろうという試みは、失敗に終わる。

彼女はコンチータ・バティスタ(Conchita Bautista)にスペイン代表戦の決勝で敗れ、4位に終わった。

しかし、イエイエガールズはスペインの若者たちにとって、UKやUSのヒットソングを凌ぐほどの大人気だったし、Zafiroレコード会社は金儲けに目がなかった。

エイドリアンジェラ(Adriángela) – Siempre Hay Algo Que Me Recuerda A Ti / Las Lagrimas De Un Dia (EP) 1965
エイドリアンジェラ(Adriángela) – Siempre Hay Algo Que Me Recuerda A Ti / Las Lagrimas De Un Dia (EP) 1965

エイドリアンジェラは“Siempre hay algo que me recuerda a ti”収録のためスタジオに送られ、このレーベルでの彼女のデビューシングルとして発売。

この曲は、バート・バカラック(Burt Bacharach)とハル・デヴィッド(Hal David)による“ (There’s) always something there to remind me”の訳版であり、それはイギリス人歌手サンディ・ショウ(Sandie Shaw)をUKチャートのトップへと導いた曲である。

エイドリアンジェラ(Adriángela) – Ve con él / Las Lágrimas de un Día / Me Gusta la Gente / Siempre Hay Algo que Me Recuerda a Ti (EP) 1965
エイドリアンジェラ(Adriángela) – Ve con él / Las Lágrimas de un Día / Me Gusta la Gente / Siempre Hay Algo que Me Recuerda a Ti (EP) 1965

2枚目のシングルEPである印象的な曲“ Ve con él ”(B面にはファンのお気に入りの“Me gusta la gente”収録)と、合計4枚Zafiroレコード会社からリリースされたEPのうちの1枚も、このころ発売された。

エイドリアンジェラ(Adriángela) – Recordar / Nos tos brazos (EP) 1965
エイドリアンジェラ(Adriángela) – Recordar / Nos tos brazos (EP) 1965

“Recordar”でその年、彼女はパルマ(Palma)のソングフェスティバルを勝ち取り、大きな成功を手に入れた。

この曲はシングルとしてリリースされ、B面にはフランスのスター、シルヴィ・ヴァルタン(Silvie Vartan) の“Dans tes bras (je veux l’oublier)”のカバー“ En tus brazos quiero olvidar”を収録。

エイドリアンジェラ(Adriángela) – El Mundo / Nunca Hay Bastante (EP) 1965
エイドリアンジェラ(Adriángela) – El Mundo / Nunca Hay Bastante (EP) 1965

次の曲として選ばれたのは、イタリア曲のカバー⑪“El mundo”であるが、またしてもB面の“Nunca hay bastante”がより人気となった。

エイドリアンジェラは人気があったが、イエイエガールとしては彼女のボーカルスタイルは少しクラシカルすぎたかもしれない。

エイドリアンジェラ(Adriángela) – La metá de la metá / La to nun entendisti nunca / La to para siempres / Siempres hai una mañana (EP) 1965
エイドリアンジェラ(Adriángela) – La metá de la metá / La to nun entendisti nunca / La to para siempres / Siempres hai una mañana (EP) 1965

1965年にさらに2枚の45レコード“Siempre hay un mañana”と“La mitad de la mitad”を発売した。この2曲は彼女の声に合っていたが、これらを発売したことで、彼女は真にイエイエガールではないと決定づけてしまったかもしれない。

エイドリアンジェラ(Adriángela)が23歳~24歳の時

エイドリアンジェラ(Adriángela) – He Visto un Hombre Pasar / Todo es Posible (EP) 1966
エイドリアンジェラ(Adriángela) – He Visto un Hombre Pasar / Todo es Posible (EP) 1966

1966(昭和41)年始めに“He visto un hombre pasar”を発売した後、彼女はスペインのグループ、ロスブリンコス(Los Brincos)とチームを組む。

エイドリアンジェラ(Adriángela) – Porque nunca se cuntó / La mio vida esta fecha d’amor (EP) 1966
エイドリアンジェラ(Adriángela) – Porque nunca se cuntó / La mio vida esta fecha d’amor (EP) 1966

彼らが彼女のために書いた曲“Porque nunca se contó”レコーディングのためだ。多くのファンにとってこの曲は、彼女のキャリアの中でのハイライトではあるが、期待していたほど売り上げは伸びなかった。

12歳のアリシア・グラナドス(Alicia Granados)が優勝した、その年のベニドルムのソングフェスティバルでも、彼女に運はなかった。

エイドリアンジェラ(Adriángela)が24歳~25歳の時

1967: Un hombre y una mujer
エイドリアンジェラ(Adriángela) – Un Hombre Y Una Mujer / Dr. Zhivago (EP) 1967

レーベルは、彼女には新しい方向性が必要だと判断した。このことは、フランシス・レイ(Francis Lai)作曲、映画ドクトル・ジバゴ(Doctor Zhivago) テーマ曲“Un homme et une femme”のカバーである“hombre y una muyer”が1967(昭和42)年にシングルとしてリリースされたことからも分かる。

エイドリアンジェラ(Adriángela)が25歳~26歳の時

エイドリアンジェラ(Adriángela) – Tan Lejos / Para Qué (EP) 1967
エイドリアンジェラ(Adriángela) – Tan Lejos / Para Qué (EP) 1967

Marea baja / San Francisco
エイドリアンジェラ(Adriángela) – Marea Baja / San Francisco (EP) 1968

1968: IV Festival del Miño Orense 1968 En Sintonía
エイドリアンジェラ(Adriángela) – Gigante / El Que Este Libre (EP) 1968

“Tan lejos”“ Marea baja”“ Gigante”の3曲が次の2年のうちに発売された後、サファイヤは彼女との契約を打ち切った。

彼女はシントニア(Sintonía)レーベルにたどり着く。そのレーベルは、新しい曲へのプロモーションから手を引きたがっていた。

エイドリアンジェラ(Adriángela)が26歳~27歳の時

1969(昭和44)年のユーロビジョン・ソング・フェスティバルには多くの関心が集まっていた。その前年にマッシール(Massiel)が優勝したことに続き、マドリッドで開催することになっていたからだ。シントニアは、パルマのコンテスト優勝者が、ユーロビジョン出場者を選ぶスペイン決勝に参加する権利があると知っていたのだ。

1969: Buenos Días
エイドリアンジェラ(Adriángela) – Buenos Dias / Cuidado (EP) 1969

そのためレーベルは彼女に“Buenos días”を歌うことを勧め、そして彼女はパルマに優勝し、もちろんその曲をスペイン決勝でも歌った。しかし彼女はサロメ(Salomé)に敗れ、サロメはユーロビジョンで3人の歌手たち、イギリスのルル(Lulu)、フランスのフリーダ・ボカーラ(Frida Boccara )、オランダのレニー・クー(Lennie Kuhr)と優勝を分け合った。

エイドリアンジェラ(Adriángela)が27歳~28歳の時

1970: Mira que llega la mañana En Fidias
エイドリアンジェラ(Adriángela) – Mira Que Llega La Mañana / Se Acaba El Mundo (EP) 1969

その後、1970(昭和45)年1枚のシングル“Mira que llega la mañana”を最後に、エイドリアンジェラはシントニアを去った。

エイドリアンジェラ(Adriángela)が28歳~29歳の時

1971: Camino del amor / Te mentirán también
エイドリアンジェラ(Adriángela) – Camino Del Amor / Te Mentirán También (EP) 1971

彼女は1971(昭和46)年にフィディアス(Fidias)レーベルに参加するが、成功したとは言えず、すぐに辞めることになる。

レコード契約を結ぶことなく、彼女はトレモリノス(Torremolinos)へ移り、ピアノバーを始めた。バーでのパフォーマンスを続けたものの、あえてメディアからは遠ざかった。彼女の昔のレコードに、再注目が集まってはいたのだが。

参照元:Ready Steady Girls

その他の1960年代 ヨーロッパのガールズ・ポップ&フレンチ・ポップ

世界地図から音楽を探す

AFRICA ASIA EUROPE NORTHAMERICA OCEANIA SOUTHAMERICA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で