森田つぐみ

森田つぐみ

日本の女性歌手「森田つぐみ」について、デビュー年はいつ?どのような曲を発表しているの?作品は何曲あるのでしょう?など、森田つぐみについて、くわしくご紹介しているページです。森田つぐみさんの現在は何をしているのか?についても調べました。

皆さんからの森田つぐみ(もりたつぐみ)の感想

評価投稿数: 0
0

情報を追加する


Submit your review
*必須項目です

森田つぐみの作品

森田つぐみの全楽曲

森田つぐみの全楽曲

曲目
  1. 少女期
  2. 心の似顔絵
  3. おろしたての放課後
  4. お嬢さんお手をどうぞ
  5. ウィークエンド
  6. さよならは似合わない
  7. もうひとつの時間割り
  8. 恋の伝言板
  9. 風の匂い
  10. シャボン玉
  11. めざめる頃
  12. 恋して海岸通り
  13. 冬の哲学

※↑タイトルをクリックするとyoutubeで音源が聴けます。

森田つぐみさんは、どういう歌手?


昭和34年1月1日生まれ 渡辺プロ

身長158㎝ 体重43kg

大阪府の豊中市出身で身長158cm、NETテレビ系の「あなたをスターに!」の第2回グランドチャンピオン大会で優勝して、渡辺プロダクションからスカウトを受けている。

書道は3段、珠算は3級という資格を持っていた。

雑誌での「森田つぐみ」の紹介

雑誌での「森田つぐみ」の紹介ちょっとさわっただけで、泣き出しちゃいそうな「そんなカレンな乙女」なのです。

だけど、本当は泣いたことがないんだって。そういわれると、なおさら泣かせてみたくなるのが男心というもの。

ボクもちょっとだけいたずら気を出してみたら、キッとにらまれちゃった。

つぐみクン、気が強いんだなあ。

なにしろ、ピアノ・チェンバロの楽器ができ勉強も理科・数学が得意という優等生。

おまけに書道は3段・珠算は3級・茶道の心得があって、料理が上手。ああ、マケソー

将来、いい奥さんになることうけあいの可愛いコちゃん。

芯が強いつぐみクンも、そのうちひとりで泣くときがくるかも…

森田つぐみさんの他の作品は?

森田つぐみさんのアルバムは1976年に発売された「愛のスケッチ」しかない。

シングルは、以下の作品を発売している。

少女期 (1976年4月25日)

少女期

作詞:千家和也/作曲:大野克夫/編曲:竜崎孝路
C/W めざめる頃 作詞:千家和也/作曲:大野克夫/編曲:竜崎孝路

さよならは似合わない (1976年9月5日)

さよならは似合わない

作詞:森雪之丞/作曲:宮本光雄/編曲:竜崎孝路
C/W おろしたての放課後 作詞:森雪之丞/作曲:大野克夫/編曲:佐藤準

恋して海岸通り (1976年12月20日)

恋して海岸通り

作詞:なかにし礼/作曲:竹田賢/編曲:竜崎孝路
C/W 冬の哲学 作詞:佐々木守/作曲:服部克久/編曲:竜崎孝路
※TBS系『笑って!笑って!!60分』番組内コーナー『哀愁学園』主題歌

上記のなかで、アルバム未収録だった、”めざめる頃”、”恋して海岸通り”、”冬の哲学”

は2014年に「愛のスケッチブック」が初CD化された際に、ボーナストラックとして衆力されている。

森田つぐみさんの現在の活動は?何してるの?

森田つぐみさんの現在の活動は?

森田つぐみさんは、ヒットにめぐまれず、その後は地元(関西)に帰り

藤原嗣美として、音楽教室を開いている。(西宮のカフェ「アリーズ」は閉店)

森田つぐみさんの声はどういう声質?

森田つぐみさんの声はどういう声質?

森田つぐみさんの声質は、そのお嬢様ていとした風貌から、発せられる可愛らしい歌い方の中に、どこか女性の力強さも感じるタイプ。

実力派のばりばりのボーカルではなく、男性から好かれる可愛らしい声質。

少し鼻にかかったように歌いながら、サビではしっかりと強くうたう思春期を歌わせるにはピッタリの歌手だ。

1970年代女性アイドル