ジェニファー・ルイス & アンジェラ・ストレンジ(Jennifer Lewis & Angela Strange)

ジェニファー・ルイス & アンジェラ・ストレンジ(Jennifer Lewis & Angela Strange)

評価投稿数: 0
0
歌手名 ジェニファー・ルイス & アンジェラ・ストレンジ(Jennifer Lewis & Angela Strange)
ジャンル ポップス
結成年 1960年代初め
歌手活動時期 1965年~1966年
出身 イギリス

ジェニファー・ルイス & アンジェラ・ストレンジ(Jennifer Lewis & Angela Strange)は、1965(昭和40)~1966(昭和41)年の2年間活動していたイギリス人女性デュオ(二人組)。マリアン・フェイスフルフォロワーとして、2枚のシングルEPを残した。

☞ 聴いた感想・情報を追加する


Submit your review
*必須項目です

ジェニファー・ルイス & アンジェラ・ストレンジ(Jennifer Lewis & Angela Strange)のシングル・レコード(ディスコグラフィ)

ジェニファー・ルイス & アンジェラ・ストレンジ(Jennifer Lewis & Angela Strange)の来歴(バイオグラフィ)

ジェニファー・ルイス & アンジェラ・ストレンジ(Jennifer Lewis & Angela Strange)は、1960年代初め英国オックスフォードにある「ラスキン・アート学校」在学中に、のちにブリティッシュ・フォークで名をはせるヴァシュティ・バニヤン(Vashti Bunyan)とともに3人組スキッフル・グループ『The Three of Us』として、大学のギグ(コンサート)を繰り返していた。

ジェニファー・ルイス & アンジェラ・ストレンジ(Jennifer Lewis & Angela Strange)の1965年

ジェニファー・ルイス & アンジェラ・ストレンジ(Jennifer Lewis & Angela Strange)

『ローリング・ストーンズ』を有名にしたアンドリュー・オールダムが次なる金の卵として、ヴァシュティ・バニヤンを発掘したため残された二人で「ジェニファー・ルイス & アンジェラ・ストレンジ(Jennifer Lewis & Angela Strange)」としてデビューする運びとなった。1965(昭和40)年発表の初シングル”Bring It To Me”は、ジェニファー・ルイスの自作で、アシッドフォークな中にどこかスウィンギン・ロンドンの軽快なリズムが入り込んでいておもしろい。

ジェニファー・ルイス & アンジェラ・ストレンジ(Jennifer Lewis & Angela Strange)の1966年

ジェニファー・ルイス & アンジェラ・ストレンジ(Jennifer Lewis & Angela Strange)の1966年

1966(昭和41)年には、セカンド・シングルとなる”I’ve Heard It All Before / Bad Storm Coming”を発表し、これまたジェニファー・ルイス自作でフォーキーな中にもアシッド感漂うスタイルの楽曲に仕上がっている。デュオはもともと、先にデビューが決まっていたアート・スクール時代の同級生「ヴァシュティ・バニヤン」からの推薦で、音楽出版社が「ジェニファー・ルイス & アンジェラ・ストレンジ(Jennifer Lewis & Angela Strange)」をデビューさせただけに、コネ以上の結果は生み出せなかった。

ジェニファー・ルイス & アンジェラ・ストレンジ(Jennifer Lewis & Angela Strange)のその後

「ジェニファー・ルイス & アンジェラ・ストレンジ(Jennifer Lewis & Angela Strange)」というデュオは解消したが、ジェニファー・ルイスがヴァシュティ・バニヤンのために書いた”17 Pink Sugar Elephants”がアメリカのリーボックのコマーシャル・ソングに起用されたりして、ジェニファー・ルイス自身もまたオックスフォードで詩を教えたりしながら、本人も音楽活動を再開しているようだ。

その他の1960年代 ヨーロッパのガールズ・ポップ&フレンチ・ポップ

世界地図から音楽を探す

AFRICA ASIA EUROPE NORTHAMERICA OCEANIA SOUTHAMERICA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で